ガラリと変貌を遂げて周りを驚かせよう|憧れの小顔になれるチャンス

ウーマン

顔を小さくできるか

頬に注射する人

顔を引き締めよう

小顔になりたいと思いませんか。そう思ったら、自分でできることをやってみてください。年とともにしわが気になって、顔をあまり動かさなくなる人が多いですが、これは逆効果です。たくさん顔を動かしたほうが顔の筋肉が引き締まります。そうすると、若々しい顔になれますし、小顔にもなれます。豊かな表情を心がけましょう。笑うときは大きな口を開けて目を細めて、悲しいときは眉を下げるなど大げさな表情をします。最初は思うように動かないかもしれませんが、ずっとやっていると自然と顔の筋肉が動くようになります。うまく表情が作れないと言うことは、それだけ顔の筋力が衰えていたと言うことです。顔にはたくさんの筋肉がありますので、普段、使っていない筋肉も含めて豊かな表情をして鍛えていけば、顔全体が引き締まってきます。たるみも改善されて、しわも目立たなくなっていき、顔がだんだんと小さくなっていくでしょう。それでも難しいと思ったら、整形を考えてみてください。美容クリニックで行っています。整形と聞くとまだ躊躇するかもしれませんが、顔にある脂肪を減らしたり、エラを小さくするだけでも構いません。メニューを見れば、積極的な気持ちになれるはずです。

脂肪を減らすことも

顔に脂肪がたくさんついていると思っているのなら、脂肪吸引があります。足やお腹など体についた脂肪を取るイメージがあるかもしれませんが、顔にも使われます。適度に脂肪を吸引して、小顔になった人はたくさんいます。この方法は、実は人気がある方法で、利用者も多いです。脂肪溶解注射で脂肪を溶かして体外へ排出する方法もあります。特別な薬剤を使って脂肪を溶かす方法です。脂肪吸引よりも手軽にできる方法です。エラが出っ張っているのならば、エラの骨を削ったり、エラにボトックス注射を打ってエラを小さくすることができます。特に、ボトックス注射は人気が高いです。エラが小さくなるとあごのラインがシャープになるので小顔効果が高いです。顔の印象がかなり優しくなるでしょう。リフトアップする方法もあります。たるみによって顔が縦長になった印象を持っているのならば、たるみを持ちあげてみませんか。あごのラインがシャープになりますし、すっきりとした顔になるので小顔効果が期待できます。小顔になる整形と言っても、種類がたくさんあるので、どの方法が合っているのか、効果が高いのかを医師と良く相談して決めてください。小顔になって自分に自信をつけませんか。

Copyright© 2016 ガラリと変貌を遂げて周りを驚かせよう|憧れの小顔になれるチャンス All Rights Reserved.