ガラリと変貌を遂げて周りを驚かせよう|憧れの小顔になれるチャンス

ウーマン

輪郭形成の外科手術

鏡を見る中年女性

手術前の注意点

美容整形の輪郭形成手術をすることで、顔の輪郭を変えて小顔にすることができます。小顔を作る輪郭形成手術はとても大きな外科手術になるので、名医がいるクリニックを探して手術を受けることが大切です。今は美容整形といってもプチ整形がほとんどなので、輪郭形成手術をしているクリニックは限られます。ネットの口コミなどを参考に、3件以上のクリニックでカウンセリングを受けてみて、比較して検討することをお勧めします。都内なら名医がいるクリニックがいくつかあり、メールで無料相談もできます。また、遠方から通院してカウンセリングや手術をする人のために、交通費を負担してくれたり、宿泊するホテルを手配してくれるクリニックもあります。手術費用はホームページで確認できますが、実際にカウンセリングを受けると料金表以外の追加料金がかかると説明される場合があります。特に輪郭形成手術はレントゲン撮影をしたり、頭部の模型を製作する所もあるので、そうなると検査費用だけで8万円以上かかる場合があります。手術費用だけではなく、事前検査費用や全身麻酔代、薬代や抜糸代など、すべてトータルでいくらかかるのか事前に見積もりをもらうことが大切です。

手術の方法

顎、エラ、頬骨などの輪郭の骨を削って小顔にする手術は半永久的な効果があります。大きな顔にコンプレックスを持っている人も、手術をすれば一生小顔になれます。輪郭形成の手術は、ほとんどの場合口腔内からアプローチします。顎の骨を削る場合は下唇と歯茎の間の粘膜を切開し、骨を削る特殊な機械で顎骨を削っていきます。口腔内からの手術なので、見た目的にまったく傷跡が分からないというメリットがあります。また、粘膜というのは傷が治りやすい性質があるので、手術痕がすぐにふさがります。顎骨の輪郭形成手術には、顎骨の先端を削る手術、顎骨の両側を削ってV字にする手術、先端を残して中間だけカットし、先端を針金で固定する手術などがあります。出来る限り自然なフェイスラインになるように、事前に医師とよく話し合ってどんな手術をするのか決めていきます。骨を削る手術は全身麻酔下で行います。手術時間は1時間ほどで、クリニックによっては1日〜2日ぐらいの入院が必要です。また、手術後のダウンタイムが長く、1ヵ月程度はひどい腫れが続きます。リスクもダウンタイムが大きいですが、一度手術をしてしまえばそれまでのコンプレックスから解放されます。

Copyright© 2016 ガラリと変貌を遂げて周りを驚かせよう|憧れの小顔になれるチャンス All Rights Reserved.